• カミハタ探検隊とは 動画公開中!!
  • KAMIHATA世界紀行
  • 神畑図鑑

  • 神畑養魚株式会社
  • 株式会社キョーリン
  • Hikari info.

トップページ  > カミハタstory > カミハタ図鑑

カミハタ図鑑


国内グループ3社、海外関連企業3社からなる「カミハタ養魚グループ」。
揚げるテーマは、“誰もがより親しく魚たちと接することができる環境づくり”だ。
株式会社キョーリンが企画・開発・販売し、キョーリンフード工業株式会社が製造する観賞魚飼料のインターナショナルブランド「Hikari」…。
神畑養魚株式会社が世界各国から輸入している数百種にものぼる熱帯魚をはじめとする生体群…。
世界を舞台に展開する、世界に類を見ない事業の数々がここにある。
熱帯魚ビジネス
・アジアアロワナやディスカスからアマゾンの珍種まで
15年ほど前まで錦鯉と金魚が観賞魚の大半を占めていた日本は、世界市場から見ればきわめて特異な市場であった(世界の先進国では熱帯魚が観賞魚市場の90%を占め、残りの10%が鯉であり金魚であるというパターンで共通している)。日本にかなり偏ったニーズを持つ錦鯉と世界的にまんべんないニーズを持つ熱帯魚とでは、商品価格相場の安定度も違う。当時、カミハタ養魚グループは“日本も世界の標準的なニーズに近づいていくであろう”と予測。よりグローバルで安定したビジネスを展開するために、熱帯魚部門を強化拡充する戦略に着手した。 その判断がいかに的確であったかは、たちまち国内トップへと飛躍的成長を遂げ、いまや数百種類にのぼる熱帯魚だけでなく海水魚、爬虫類、無脊椎動物、水草、用品類にまで事業アイテムを確立しているという現状を見れば明らかだ。

ポンティアナのアロワナ
■ポンティアナの
アロワナ
ワイルド・エンゼル
■ワイルド・
エンゼル
リーフフィッシュ
■リーフフィッシュ
神畑養魚株式会社
・空港の近くにある熱帯魚の要塞
センター地図

カミハタは、世界から日本への空輸窓口である成田と関空それぞれに対応する拠点を2施設持っている。水槽総本数約3,000本を誇る世界最大級の東京支店と、45cmサイズ100本、60cmサイズ400本、90cmサイズ500本の熱帯魚水槽に加えて、海水魚水槽を約200本持つ姫路支店である。両拠点では、海外から日本に到着した魚たちを、いったんここで手厚く保護(ストック)。元気いっぱいの状態で、販売ルートに送り込む役割を担っている。いずれも規模・内容ともに業界トップクラスを誇っており、魚の質においても他社の追随を許さない大きな理由の一つとなっている。

姫路支店
■姫路支店
東京支店
■東京支店
神畑養魚株式会社
・世界を舞台に観賞魚事業を展開
HIKARIブランド飼料の海外代理店は、アメリカのHIKARI SALES U.S.A.,INC.をはじめとする世界50数ヵ国に所在し、熱帯魚についてはその輸入を20数ヵ国よりおこなっている。さらに、留学生の受け入れや海外での技術指導に注力するとともに、海外合弁事業も積極的に推進、冷凍飼料製造を担う合弁会社キョーリンチャイナを設立している。 キョーリンチャイナ
■キョーリンチャイナ

HIKARI SALES U.S.A.,INC.
■ HIKARI SALES U.S.A.,INC.
神畑養魚株式会社
・宇宙メダカ誕生に一役!スペースシャトル実験の御用達
1994年、向井千秋さんたちが乗り込んだスペースシャトル“コロンビア号”で宇宙での魚類養殖の可能性を探る世界初のメダカの産卵実験がおこなわれたのを覚えている方も多いだろう。カミハタは東京大学からの依頼を受けてメダカの宇宙食となる餌を開発するとともに、宇宙で水質を維持し自然界の浄化サイクルを実現するための水質維持専用ろ過剤を開発。“宇宙での養殖”という人類の壮大な夢を実現するための重要な実験の成功に一役買ったのである。もちろん、次回の宇宙実験に向けてもすでに新たな開発に着手している。

コロンビア号
■4匹のメダカ宇宙飛行士用の宇宙食4粒がコロンビア号に乗って飛び立った
宇宙メダカの赤ちゃん
■宇宙メダカの赤ちゃん

>>キョーリン 宇宙への挑戦